余興 結婚 披露宴 二次会 アイディア 情報 ブライダルリンク

トップページ > 二次会 余興(ゲーム)

二次会 余興(ゲーム)


二次会の余興(ゲームなど)

二次会での余興やゲームなどは何をするか誰でも迷うものです。何をするかは会場のスペース準備可能な道具時間などさまざまな要因で、できることできないことを考えて決めて行きます。いろいろ条件はあると思いますが、楽しい盛り上がるをキーワードに企画したいですよね。参考にしてみてください。


結婚式・披露宴のムービー上映
結婚式や披露宴の様子をデジタルビデオカメラで撮影してもらいます。撮影後その映像をパソコンにとりこみ、あらかじめ作っておいたテンプレートにつなぎこんで、編集。ちょっとしたムービーを作成し、プロジェクターからスクリーンに流します。
最近はパソコンで映像を編集する人も多いので、新郎新婦や幹事の知り合いにこのようなことを趣味でやってる人が1人や2人はいると思うので、試してみると良いですよ。やっぱり雰囲気変わります。

ビンゴ
ビンゴは定番ですね。ビンゴはほぼ必須だとは思いますが、それは招待者に景品をプレゼントするゲーム ということで、その他のゲームでプレゼントがあるようなゲームがあればはずしてもいいかもしれません。 プレゼントがあるゲームをすると盛り上がります。
会場のお店によっては小さいビンゴゲームを準備してくれるところもあります。(ただしビンゴカードは持参が必要)今ではパソコン、プロジェクタ、スクリーンを使う二次会も増えていると思いますが、それがあればFlashで作成されたフリーのビンゴゲームがたくさんあるので、「ビンゴ フリー Flash」などで検索して探してみてください。パソコンでやればスクリーンに今までどの数字が出てるかわかりますし、数字を選んでる最中の画面の動きもありますので楽しいですよ。
ちなみに私の場合は出席者全員にプレゼントが行くようにしました。何もなしというよりお菓子の1つでももらえた方がうれしいですもんね。最初の20人くらいを当たりにしてあとの残りは好きなのを取ってください、というスタイルを取りました。(最後の最後までビンゴしてたら時間がいくらあってもたりません、汗)

わらしべ長者
50円をたくさん集め、最後は総取りしちゃうゲームです。
まず、全員50円を手に握ってもらいます。次に隣の人とじゃんけんをし、勝った方が相手の50円を貰います。負けた人は脱落です。買った人は次々と相手を探し、時間が来たところでストップ。その時点で持っている50円玉がすべて自分のものになる、というゲームです。100円でもいいですが、50円くらいがちょうどいい金額だと思います。また、このゲームをすることで出席者が必然的に他の出席者とコミュニケーションをとる必要がありますので動きや会話が出ます。そういう意味でもいいと思います。

ケータイビンゴ
ケータイビンゴを行います。出席者全員に携帯電話の番号を受付時に書いてもらいます。(紙に1枚ずつ)
ケータイビンゴが始まる前に全員の携帯電話を通常の音が鳴る待ち受けにしてもらいます。新郎新婦が携帯電話番号が書かれているくじを引き、幹事がその番号に電話を掛けます。携帯電話が鳴った人が当たりーっ、というビンゴです。自分の電話が鳴るのを待つドキドキ感、人それぞれの着メロも楽しめていいですよ。
ただし、
・会場が各携帯電話会社(DoCoMo、au、Vodafone、Tu-Ka)の電波がつながること
・全員が携帯電話を持っていること
という条件をクリアしてくださいね(最近は大丈夫でしょう)

Copyright 2006 © Bridal Link All rights reserved.