結婚式場 結婚 披露宴 二次会 アイディア 情報 ブライダルリンク

トップページ > 披露宴の進行、余興

披露宴の進行、余興


披露宴の進行、余興(式場での最終打合せ)

挙式、披露宴1ヶ月前に式場との最終打合せを行います。
ここでは、披露宴の進行、余興などの最終確認がメインの作業となります。

さて、1ヶ月前にもなると「ゴメン、披露宴出れなくなった」と言われたりなど出席者の変更や予定外の事が発生します。
だいたい式の10日まえから1週間前までなら出席者の名前変更などは可能ですので直前までしっかり確認することができます。

ついに式場との最終打合せです。この打合せでのトピックは以下のようになります。
 ・席次表(招待者の配席表)
 ・披露宴の進行内容
 ・BGM
 ・親族出席者一覧(挙式の後親族だけで出席者を紹介します。新郎新婦の出席は任意です。)
これらトピックの中でも細々と決めなければいけないことがありますが、これまでの作業で結構決めることに慣れてきます。
(ある意味決断力がつくかもしれませんね)

出席者の確認や、披露宴の進行内容、曲など式直前まで変更可能なものなので、とりあえず決めてしまっても大丈夫です。
ただ、私の場合は1ヶ月近く前まで披露宴の進行を考えなかったのですが、それだとスピーチ余興など、招待者にお願いするタイミングがかなり後になってしまいます。
披露宴の進行の決定は式場によってはいつ行うのか異なるでしょうが、お願い事は2ヶ月前から事前にお願いしたほうが言いと思いす。

また、同様にこの打合せの前に引出物などの発注は行っておく必要があります。
特に出席者全員に配る数が必要があるもの(引出物など)は発注先で在庫の確保が必要になりますので、若干おおめの数を発注します。(ちょっとおおめの数を確保しておけば、最後に少し減らすくらいの微調整がききます。)



残りは当日使用する小物・アイテムの準備、確認や、二次会の準備にとりかかります。
「ああ、もうすぐなんだぁ・・・」だんだん実感が湧いてきますよ。

Copyright 2006 © Bridal Link All rights reserved.