ブーケ 結婚 披露宴 二次会 アイディア 情報 ブライダルリンク

トップページ > ブーケ

ブーケ

花嫁さんの必須アイテムと言えばブーケですね。
ウェディングドレス、カラードレス、ブーケによっては花嫁さんの印象もガラリと変わります。形、色、花の種類、などドレスのラインや色などの相性を考えてしっかり選びましょう。
ちなみにボクの奥さんの場合も迷いに迷ってました。


ブーケの由来

ブーケの由来はいくつか説があるそうです。
むかしむかし、花婿が花嫁に野に咲く花を摘んで花束とし、それをプロポーズの証として贈ったことがブーケの始まりと言われてるそうです。そして花嫁はプロポーズを受ける印としてその花束の中から一輪を抜き取り、花婿の胸のボタンに挿しました。それがブートニアの起源ともなったと言われています。
由来はともかく、花嫁さんにはブーケがとても似合いますから良い習慣だと思います。



ブーケの種類

ブーケの種類はいくつかあります。式場や花屋さんによって扱っている種類はさまざまですが、ここではオーソドックスな物を紹介します。

キャスケードブーケ
滝の流れを表現したブーケです。ウェディングドレスにピッタリな定番の形ですね。とても清楚なイメージがあります。基本的には縦に長めなデザインですが、ちょっと短めのセミキャスケードという形も最近は流行っているようです。ボクの奥さんも白バラのセミキャスケードブーケを持って挙式を行いました。
(背が低めの方はセミキャスケードの方がバランスよくなるかもしれません。値段も安いですしね。)

ラウンドブーケ
もっともオーソドックスな丸い形のブーケです。いろんなタイプのドレスに合いますし、アレンジもたくさん可能で花の種類によってはキレイなタイプもカワイイタイプも作ることができます。

ティアドロップブーケ
涙の形をしたブーケです。先端が少しシャープでサイズも少し小さめ。上品さとかわいらしさを持ち合わせています。

バッグブーケ
リボンやビーズを取っ手にし、腕に掛けバッグのように持つ事ができるブーケです。ボクの奥さんはお色直し後のカラードレスでハート型のバックブーケを腕に掛けてました。

オーバルブーケ
ラウンドブーケより楕円にしたタイプのブーケです。ふっくらした形でやさしい雰囲気になります。大き目の花が良く映えます。

クラッチブーケ
切り口を揃えただけの、片手で持てるようにまとめたタイプです。クラッチは「つかむ」という意味です。カジュアルな雰囲気に似合います。

クレッセントブーケ
三日月のような弧を描いたようなフォルムのブーケです。優雅な印象があります。


ブーケの選び方 (体験談)

ブーケの選び方は、個人の好みや着るタイプのドレスによって、ブーケの種類、花の種類、花の色を考えて選択します。でもはやり花嫁さんの「これを持ちたいっ!」というブーケを選ばれることがいいと思います。ボクの奥さんのバッグブーケはまさにそうでした。

次に、ブーケをお願いする業者ですが、式場の花屋さんだと挙式の前日に確実に仕上げてくれ、なにかあっても式場のすぐ近く(ホテルだとホテル内)に店舗があるので安心感はあります。ブーケを持たない花嫁なんてありえないですからね。ただ、一つ欠点がありました。それはとても価格が高いことでした。また、こだわり派のボクの奥さんのバッグブーケハート型が希望でしたが、その形も望みどおりなるかわからない、とのこともあり外部の花屋専門店にお願いすることにしました。

お願いした先のお店は対応がとても良く、望みどおりのキャスケードバッグの各ブーケができあがり、価格も式場の花屋さんよりは半額で作ることができました。

あと大事なことはブーケの配送です。外の業者にお願いした場合、式場までブーケを配送してもらわなければいけません。ブーケをお願いした花屋さんが挙式を行う式場にブーケを納めたことがあるか、式場では持ち込み料が必要にならないか、など事前に確認をしておくことをおすすめします。

ぜひステキなブーケを持って挙式やパーティーに出てくださいね。

Copyright 2006 © Bridal Link All rights reserved.